2018年2月

☆食べられなくなった物

やっと自由に使えるお金を手に入れて、おなかいっぱい食べたかったものを飽きるまで食べていました。栄養のバランスなんて考えてないし、肌荒れしたり風邪をひいたりしていました。
ある日、焼肉食べ放題のお店に行った次の日の事。胃腸がおかしくなり、2週間ほどお粥で過ごしました。それからお肉を食べると体調を崩すので食べない事にしました。

お肉を食べ過ぎて罰が与えられているのかと思っていましたが、シルバーバーチの本に出会い肉食はいけない事を知り、安堵したのを覚えています。

2018/2/25

☆時間とお金の使い方がわからない

転職するまで、ずっと仕事と勉強に時間を充てていたために、自由時間があることを忘れていました。お金は生活費以外は学費に充てていたので、遊びに行く概念がありません。
なので、いざ、時間とお金の余裕ができても何をすれば良いのかわからない。

日曜日はお昼頃までゴロゴロしたり、食べたくても食べられなかった物、服などを買いあさり、堕落した生活になってしまいました。

そこで私は『何故、私だけあんな目に遭わないといけなかったのかなぁ。不公平な世の中。生きている意味がわからない。』と思うようになりました。

今、振り替えると、自分で予め決めてきた再生人生なのに恥ずかしくて笑えます。

2018/2/18

☆退職金がわりの時計

ブラック企業から転職する前に、所長から退職金の代わりに好きなものを買ってあげると言われました。今まで散々な扱いを受けていたのに驚きでした。

好きなものより9年間分の退職金が欲しいと思いましたが言えず、病院で働く時に使う時計をお願いしました。そして、いただいたのは高級時計でした‼

こんなものいらない…とは言えず、かといって病院や普段でもつけることができず(傷がつくと勿体ないので)即タンスの肥やしとなりました。
自宅に置いてて泥棒にも入られるのは嫌ですし、メンテナンスにも○万円かかるので、売却してスッキリしました。

高級な物には心配と維持費がかかることを学ぶことができました。
そして、まだ高級な時計を持っていたらシルバーバーチの本には出会えなかったような気がします。

2018/2/7

powered by crayon(クレヨン)